ゲームパッドでキーボードマウスPC操作【AntiMicro】

PC

こちらではゲームパッドでキーボードやマウスの操作を行いPCを動かす方法のご紹介です、前に「ごろ寝PC操作にゲームコントローラー【F310r】」でご紹介した、LogicoolのゲームパッドF310rでのPCごろ寝操作が快適だったので、今回はフリーソフトのAntiMicroを使用して同じ様にPCを操作する方法をご紹介します、前回のLogicool® ゲームソフトウェアを使用した方法はLogicoolのゲームパッドが対象でしたが、AntiMicroはその様な縛りはないのでお手持ちのゲームパッドでお試しになってみて下さい、あくまでも寝転んで動画みたり小説読んだりに便利だなーといった感じです、事務仕事レベルを快適に行えて便利とかではありませんのでご注意下さい。

まずはAntiMicroをPCにインストールしましょう、AntiMicroはMicrosoft Storeからもインストールが可能です、Microsoft Storeを開いたら上部の検索バーから「AntiMicro」で検索を行って下さい、ヒットしたAntiMicroをクリックします、上の画像のアイコンですね。

AntiMicroのページが開きますので「入手」ボタンをクリックします、後はそのままインストールが終了するまでお待ち下さい、終了したら「入手」ボタンが「開く」ボタンに変わりますので、そちらをクリックするとAntiMicroが起動します、スタートメニューのAntiMicroを右クリックしてスタートにピン留めしたり、タスクバーにもピン留めをしておくと起動する時に便利です、ちなみに私はCLaunchに登録して起動しています。

こちらがAntiMicroを起動したウィンドウです、上からスティック、十字キー、ボタンの設定になります、まずはゲームパッドの左スティックでマウスのポインタを操作出来るようにしたいと思います、上の画像の赤枠で囲んである部分、こちらの4箇所をそれぞれクリックして設定します、「割り当てなし」ボタンをクリックしてください。

まずは画像の左下の矢印部分を御覧ください、「キーボード」と「マウス」をクリックする事で割り当てる機能を選択出来ます、マウスの操作を割り当てたいので「マウス」をクリックしてください、先程の左スティックの4箇所の割り当てなしボタンに、上の画像の赤枠で囲ってある矢印ボタンをそれぞれ割り振ってください、上の「割り当てなし」をクリックしたのなら「↑」といった感じですね。

画像の様に左スティックにマウスの上下左右を割り振れたら左スティックの設定は完了です、これで左スティックでマウスのカーソルを操作する事ができます。

マウスカーソルを動かせるようになったら次はボタンを設定していきましょう、設定の仕方は先程と一緒です、設定したいボタンをクリックしてマウスかキーボードのボタンやキーを割り当てるだけです。

キーボードとマウスのキーやボタンを割り当てる際は、先程ご説明した通り左下の「キーボード」と「マウス」で切り替えます、あとは割り当てたいキーやボタンをクリックするだけですね。

どのボタンがどれか全くわからない!、そんな場合はゲームパッドのボタンを押してみて下さい、上の画像の様に押したボタンが紫色で表示されますのですぐに分かると思います。

例えばctrl + Aなどの複数のキーを設定したい場合は、セット画面の左下の「詳細設定」ボタンをクリックします。

詳細設定のウィンドウが開いたら画像の上の矢印部分を御覧ください、こちらのボタンをクリックするとボタンに「…」が表示されますので、この状態になったら設定したいキーを入力します、左側に既に右のCTRLキーとALTキーとスペースキーが登録されていますね、設定が終了したら「Close」ボタンをクリックして、セット画面も「Close」ボタンをクリックします。

これで複数のボタン同時押しも登録出来ました、全ての割り振りが完了したら「保存」ボタンをクリックして名前を付けて保存します、後は常時起動しておくか必要な時に起動してご使用下さい、ちなみに右上の「-」ボタンで最小化するとウィンドウは閉じます、表示したい場合や終了したい場合は左上のAppから行うか、タスクバーの通知領域に表示されているAntiMicroのアイコンから行って下さい、表示したい場合はアイコンをクリックして、終了したい場合はアイコンを右クリックしてメニューから「終了」ですね、AntiMicroのウィンドウの右上「✕」ボタンでも終了出来ます。

ゲームパッドでキーボードマウスPC操作AntiMicro Part2
ゲームパッドでキーボードマウスPC操作AntiMicro Part3
ゲームパッドでキーボードマウスPC操作AntiMicro Part4

コメント

タイトルとURLをコピーしました