Windows11が正式に提供開始

PC

本日よりWindows11が正式に提供開始されました、Windows UpdateでのWindows10からWindows11のアップグレードは順次提供されます、ですので全ての対象PCのWindows Updateに今日から通知が来る訳ではありません。

早速アップグレード対象のWindows10PCでWindows Updateをチェックしてみました、画像のようにWindows11を実行できるPCとの表記はありますが、まだアップグレードは出来ないようですね、こちらのWindows UpdateからWindows11へのアップグレードは要件を満たしたPCのみ行うことが可能です、確認するためのチェックアプリがMicrosoftより提供されていますのでこちらをご覧ください。

こちらがWindows11アップグレード対象外のPCのWindows Update画面ですね、このPCでWindows11を実行できますという表記はありません。

またMicrosoftのこちらのページからWindows11のイメージディスク(ISO)や、インストールメディア作成ツールなどのダウンロードも可能です。

Windows11 ISO

Windows11のディスクイメージをダウンロードするには最初にダウンロードを選択からWindows11を選択します、次にダウンロードをクリックしてください。

次に言語の選択の選択を行います、画像では日本語を選択した状態ですね、選択が終わったら確認をクリックします。

最後にこちらの64-bit ダウンロードをクリックすればISOのダウンロードが始まります。

インストールメディア作成ツール

インストールメディア作成ツールのダウンロードは、今すぐダウンロードをクリックするだけで大丈夫です。

Windows11インストールアシスタント

こちらからWindows11インストールアシスタントをダウンロード出来ます、Windows Updateでの自動アップデートでは無く手動でのアップデートの様ですね、今すぐダウンロードをクリックするとWindows11InstallationAssistantのダウンロードが開始されます、作業を開始する準備をクリックすると詳しい説明もご覧いただけますので確認をしておきましょう。

Windows11InstallationAssistantを起動した状態がこちらになります、最小システム要件を満たしていますと表記されている所を見ると、こちらも実行するには対象のデバイスが要件を満たしている必要がある感じでしょうか、同意してインストールをクリックするとツールが準備を始めるようですね、とりあえずまだWindows11にアップグレードするつもりはないのでここまでにしておきます。

この他にもWindows11搭載のPCも発売されています、もし御購入される場合にはWindows11搭載PCと、Windows11アップグレード対象のPCの違いにはお気をつけください、最初からWindows11を搭載しているPCをお探しなのに、Windows11にアップグレードが可能なWindows10PCを購入してしまうと、ご自分でアップグレード作業を行う必要がございますので。

コメント

タイトルとURLをコピーしました