Bluetooth 5.0 USBアダプター UB500紹介

PC

こちらではBluetooth5.0対応のUSBアダプターUB500を購入したのでご紹介します、UB500はPCのUSB端子に挿すだけでBluetooth機器を接続できる機器です、Bluetoothの接続(例えばイヤホンやヘッドセットなど)をPCで使用するならペアリングという作業が必要になります、これには勿論PC側にもBluetoothの機能が無くては接続出来ません、そんな時Bluetooth非対応のPC(デスクトップPCなど)だった場合に便利な機器が今回ご紹介するUB500の様なアダプタですね、PCのUSB端子に挿し込めばよいだけなのでPCが苦手な方にも安心です、「Bluetoothってなに?どうやれば使えるの?簡単な入門編です」でもご紹介していますがBluetoothにはバージョンがあります、UB500は「Bluetooth 5.0」に対応しているので、Ver.4.0の時よりも通信範囲や通信速度も向上しています、USBに挿すだけのタイプはあまり5.0対応の製品は少なかったのですが、最近有名メーカーの製品が出回るようになってきましたね、そこで今回デスクトップPCのBluetoothを4.0から5.0にする為にUB500を購入してみました。

こちらがUB500のパッケージです、こちらを選んだ理由はメーカーがTP-Linkで有名であった事、そしてお値段が他の有名メーカー製のBluetooth5.0アダプタより安かった為ですね、購入した時UB500は1100円程度でしたが他の有名メーカー製は1900円程だったので結構違います、ただ状況によってはUB500以外をオススメしますがこちらは後ほどご説明しますね、ちなみにパッケージにはWindows11は記載されていませんが、TP-Linkのホームページでは対応OSにWindows11の記載があります。

こちらが今回UB500と交換するBluetooth4.0のUSBアダプタです、折角なので通信速度が結構上がっているのか確かめるために、PCからスマホにBluetoothでファイルを送ってみて速度を比較してみたいと思います。

今回使用する方法は「送る」から「Bluetoothファイル転送」でスマホに送る方法ですね、今回送るファイルはデスクトップのスクリーンショット画像4個です、1個1.43MBのファイルが4個で合計5.72MBの画像ファイルです、スマホ側のBluetoothは5.1となっています。

ちなみにこの方法でPCからスマホにファイルを送るにはPCとスマホのペアリングが必要です、設定の「Bluetoothとデバイス」を開いてBluetoothがオンになっている事をご確認下さい、確認したら「デバイスの追加」をクリックします。

追加するデバイスの種類では「Bluetooth」をクリックします。

後はデバイスを追加する画面でスマホを選択します、スマホのBluetoothをオンにするのも忘れないようご注意下さい、ペアリングが終了すると「送る」からの「Bluetoothファイル転送」にスマホが追加されます。

  • Bluetooth 4.0 →49秒
  • Bluetooth 5.0 →38秒

まあ結果としてはこんな感じでした、確かに少し早くなっていますがそこまで伸びは無いようにも感じます、ちなみに「ファイルマネージャー+でAndroidとPCのファイル送受信」の方法だと1~2秒で送れます、やっぱり転送速度はBluetoothと比べるとWi-Fiが圧倒的ですね、個人的に良くなったと感じたのは通信範囲の向上の方ですね、以前使用していたUSBアダプタをPCの背面に設置すると接続が不安定になったりしていました、例えばコントローラーだと入力の遅延やボタンを離しているのに入力がされ続けたり、近距離共有は途中で途切れて転送出来なかったりなどもありました、ただPCの前面や上面のUSB端子に接続すると問題なく使えていたので障害物に弱かったのではないかと思っています、今回UB500に変更した所それらが改善されました、PCの背面に挿しても上記の様な問題が無くなったのは助かります、また以前のアダプタは青いLEDがチカチカ眩しかったのですが、UB500はよく凝視しないと光ってるのかも分からない感じなのでこれも嬉しい点ですね、この様に全体的には安くて性能も4.0より向上していて満足な製品なのですが問題もあります、こちらのUB500はMACアドレスが重複しているらしいので複数の購入はオススメできません、サードパーティ製のソフトを使用してもMACアドレスの変更は出来ないそうです、例えばPCを2台所持していて両方のPCにBluetooth USB アダプタを使用するとしたら、片方はUB500を購入したとして2個目は別のUSBアダプタを購入しましょう、例として両方のPCに2個のUB500を購入して取り付けたとします、そうするとお互いのPCで近距離共有が行えないなどの問題が発生してしまったりするわけですね、複数のUB500の使用を予定されている方はご注意下さい、ただし1個しか使わない場合はお安く手に入るBluetooth5.0対応のUSBアダプタだと思います、複数のUB500を組み合わせて使わない限りは良い製品ですね。

TP-Link Bluetooth USB Bluetooth 5.0 対応 パソコン/タブレット 対応 アダプタ ブルートゥース子機 メーカー保証3年UB500 (UNVER) | TP-Link | Bluetoothアダプタ 通販
TP-Link Bluetooth USB Bluetooth 5.0 対応 パソコン/タブレット 対応 アダプタ ブルートゥース子機 メーカー保証3年UB500 (UNVER)がBluetoothアダプタストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)...

コメント

タイトルとURLをコピーしました