鍵穴が引っかかる時には鍵穴用の潤滑剤!

雑記

鍵穴に鍵が引っかかって入らない!抜けない!って事がありますよね、そんな時には鍵穴用の潤滑剤をお試しになってみて下さい、普段から鍵が引っかかって抜けないし入らないしで困っていて、忙しい時などはもうイライラが凄いことになっていました、そこで折角の連休中(現在ゴールデンウイーク)ですので鍵穴をなんとか出来ないかとGoogle先生で調べていたのですが、鍵穴専用の潤滑剤が効果的!とあったので早速購入してみました。

そこで購入したのがこちらの「鍵穴の薬II」ですね、鍵穴専用のパウダースプレーです、液体は揮発してパウダーだけが残るそうです、最初は効果があるのかな?っと不安でしたがしかし結果は大満足で買って大正解でした、あれだけ引っかかっていた鍵がスルスルと抜き差し出来ます、一体どこに引っかかっていたんだろうと疑問に思うレベルです、引っかかりが全くと言っていい程ありません、お値段は800円程度でしたね、一応ネットで調べて液体が残るタイプは買わないようにしようとは思っていました、最初は良いけどホコリが液体に引っ付いて固まって後からもっと面倒になるといった記事を見掛けたからですね、こちらは液体は揮発して潤滑層を作るパウダーだけが残ると記してあったので購入しました。

中身はこちらの金属チューブと本体のみです、説明書は入っていませんがケースの背面に使用方法が表記されています、ちなみに保管用に入っていたケースは取っておくと便利ですので捨てずに置きましょう、おそらく一回の使用では使い切りませんので保管しておくことになりますので、その際に保管用の入れ物として取っておきましょう。

組立方法は本体のキャップを外します、上の画像の右側のやつですね、キャップの上部を斜めに押すと簡単に取れます、本体を軽く振った後は金属製のチューブを本体に差し込みます、この時チューブを上から差し込む際に潤滑剤が吹き出さないようにチューブの先を指で抑えておきましょう、鍵穴にこちらを使用する前に掃除機で鍵穴のホコリを吸い取っておいてください、以上の準備が済んだら「鍵穴の薬II」を鍵穴に1秒ほどスプレーします、注意する点はチューブは1cm程度で余り奥まで差し込まないことです、潤滑剤が行き渡らない可能性があるからですね、液が外にこぼれたら拭き取ります、後は2~3分放置してから鍵を開けたり締めたりしてください、まだ引っかかる場合は数回この作業を繰り返すそうです、私は一度でビックリするほど効果がありました、スルッスル鍵が抜き差し出来ます。

使用後は金属チューブのスプレー部分を抜くのですが指だと難しいです、ペンチなどで引き抜きましょう、あとは本体にキャップをして保管します、ケースをしてずに取って置くとこの様に保管する時便利です。

あとは裏を開封前のように元に戻したら冷暗所に保管します、こちらを購入する時潤滑剤って効果あるのか不安でしたがビックリするくらいの効果がありました、現在の鍵は一度取り替えてあるのですが、まるで取り付けたばかりの頃の様な抜き差し具合です、数回は使えるようですのでまた滑りが悪くなったら残りを使用してみます、後はどのくらい効果が持続するのか期待ですね、ちなみにこちらはあくまでも潤滑剤ですので滑りをよくするだけです、鍵穴が破損していて引っかかたりする場合は当然ですが効果がありませんのでご注意下さい。

建築の友 鍵穴専用パウダースプレー 鍵穴のクスリII 17ml KK-02
ドアまわりの補修にはこれ! 鍵穴や蝶番のトラブルに。ホコリがたまりやすい鍵穴や蝶番。「鍵穴のクスリII」での普段からのお手入れで、ドアまわりはいつもスムーズ。ベタベタ・油汚れがなく、ホコリを寄せ付けない! ドライ潤滑+洗浄タイプ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました