自作PCのパーツ選び【仮想編】

PC

初めに

今回はPCパーツの高騰や品薄で欲しい物が手に入らない!というストレス発散を仮想自作PCパーツ選びで発散しつつ、これから自作PC作ろうかなーって方の参考の一助にでもなればと仮想自作PCの構成を考えてみたいと思います。
今回目指すPCはネットゲームのAPEXを144Hz表示のQHDディスプレイで快適にプレイ出来るPCを目指したいと思います。

OS

Amazon | 【旧商品】Windows 10 Home 日本語版/May 2019 Update適用/パッケージ版 | PCソフト | PCソフト
【旧商品】Windows 10 Home 日本語版/May 2019 Update適用/パッケージ版がPCソフトストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。オンラインコード版、ダウンロード版はご購入後すぐにご利用可能です。

まずはPCに積むOSですが、結論としてWindows10 HOMEで行こうと思います。
まずWindowsなのは対象がAPEXを快適にプレイできるが目標なので決定ですね。
みなさんが一般的にご家庭でWindows10を使う時にはほぼProかHomeをお使いになると思いますが、一般の方はHomeを買っておけば間違いないと思います、Proとの違いは細かくは省きますがProの方はビジネス用の管理機能と暗号化等のセキュリティ機能に対応してたり豊富だったりすると思っておけば大丈夫だと思います、まず普通の一般のお家では使わないかと思われます。

CPU

AMD Ryzen 7 5800X without cooler 3.8GHz 8コア / 16スレッド 36MB 105W【国内正規代理店品】 100-100000063WOF | AMD | マザーボード 通販
AMD Ryzen 7 5800X without cooler 3.8GHz 8コア / 16スレッド 36MB 105W【国内正規代理店品】 100-100000063WOFがマザーボードストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

次にCPUを選んで行きたいと思いますが、結論としてはAMD Ryzen 7 5800Xを選びたいと思います、私がこの記事の現時点で選ぶなら第11世代のIntel CPUか第4世代のAMD CPUになると思います、今回目標にしているAPEXでは第11世代のIntel CPUと第4世代のAMD CPUではほとんど差は出ていないのでどちらを選んでも問題は無いと思いますが、個人的にはまだAMD CPUが少し有利かなと思っています。
しかしIntelもAMDも今回は電力ぶち込んで性能上げました!的な感じに見えてしまってちょっとなーとも思ってしまいます、まあゲームの種類によってはFPSが爆上がりしてたり性能に対しての消費電力も下がっているのでしょうし古い世代の方を買うのかと聞かれれば買わないのですが。
後は6コアのRyzen5 5600Xと8コアのRyzen7 5800Xでどちらにするか迷いました。
Ryzen5 5600Xは6コアですがゲーミング性能は前世代のRyzen7 3700Xよりもゲームによりますが互角から上となっており、コアが減ったにも関わらずマルチ性能もほんの少しだけ下と優秀です。
更に5800Xと比べるとお値段に結構な差があり17000~20000円ほどの差があります。
更に消費電力も5800Xは5600Xよりも少し劣るように見えるのですが、個人的に(APEXと関係ないのですが)裏で作業等もしたりしつつ安定してゲームしたいという事で5800Xを選ばせていただきました、流石に5900Xは更に2万以上高いしオーバースペック過ぎますしね(5800Xでもそんなに必要か?とは思います)。

マザーボード

Amazon | ASRock マザーボード X570 Steel Legend AMD Ryzen 5000 シリーズ CPU ( Soket AM4 ) 対応 X570 ATX マザーボード 【国内正規代理店品】 | ASRock | パソコン・周辺機器 通販
ASRock マザーボード X570 Steel Legend AMD Ryzen 5000 シリーズ CPU ( Soket AM4 ) 対応 X570 ATX マザーボード 【国内正規代理店品】がパソコン・周辺機器ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料...

次はマザーボードですが、こちらはASRockのX570 Steel Legendを選ばせていただきました。
理由としては申し訳ないのですがASRockさんのマザーボード昔から使ってるので設定とかがしやすいんですよね、メーカー決めた理由はそれだけだったりします。
そしてASRockの中で迷ったのがX570 Extreme4、X570 Steel Legend、B550 Steel Legendこの3個です、まずX570 Extreme4、X570 Steel LegendですがExtreme4とSteel Legendでどちらにしようか悩みましたが、Steel Legendシリーズは高品質高耐久志向のシリーズという事でこちらを選んで見ました、おそらく仮想ではなく次回マザーボードを交換する時はSteel Legendシリーズを試すと思います、次にB550 Steel LegendではなくX570 Steel Legendを選んだ理由としてはB550 Steel LegendのM.2スロットが原因です、こちらM.スロットが2個ついているのですがCPU側のM.2スロットはGen4 x4接続なのですが下の方のM.2スロットがGen3 x2接続となっています、正直問題はないだろうと思うのですが(PCIe4.0のNVMeなんて高くて手が出ないし)今回はゲーム用という事で将来のパーツ交換も余裕をもってX570の方にしました。

CPUクーラー

Noctua NH-D15, プレミアム CPUクーラー NF-A15 PWM 140mmファン付き ツインタワー (ブラウン)
Noctua定番のNH-D14に究極の静音性と冷却性能を高めて進化させたモデルです。NH-D15はお客様の高い要求を満たすことのできるNoctua社のフラッグシップモデルを取り入れたエリートクラス級ツインタワー型クーラーです。ヒートパイプレイアウトの拡張、および自動速度制御のPWM対応プレミアム級NF-A15 140m...

次はこちらCPUクーラーです、こちらはNoctuaのNH-D15を選びました。
Ryzen 7 5800Xは結構な発熱量だという事でかなり高価な部類に入る(空冷では)こちらを選択しました、発熱量が凄いといっても対象がAPEX位のプレイであればCPU使用率もそんなに上がらないと思うので虎徹や無限等でもいいのでは?とも考えましたがこれから段々熱くなってきますし真夏に備えて余裕を持たせという事でこちらを選ばせて頂きました、一度是非使ってみたいクーラーだったのも非常に大きいのですが。

メモリ

Amazon.co.jp: G.SKILL F4-3200C16D-16GIS 16GB (2x8GB) デスクトップ用メモリ DDR4-3200 CL16-18-18-38 1.35V : パソコン・周辺機器
Amazon.co.jp: G.SKILL F4-3200C16D-16GIS 16GB (2x8GB) デスクトップ用メモリ DDR4-3200 CL16-18-18-38 1.35V : パソコン・周辺機器

次に選んだのはメモリとなります、こちらはG.SKILL F4-3200C16D-16GIS (PC4-25600 8GB 2枚組)を選ばせていただきました、理由としては容量は16GB欲しい事APEXの推奨メモリは8GBとなっていますが裏で何か作業をしてたりする可能性があったり推奨ぎりぎりでは不安がある為に余裕の量で16GBを選択、更に干渉しずらそうな高さ(31.2mm?)でG.SKILLさんはAMDさんとの相性も良い印象だったので、一番の理由は某通販サイトさんで選んだ条件で一番安かったのがこれだった、が理由ですが。

PCケース

Fractal Design Define R6 - Black ミドルタワー型PCケース CS7007 FD-CA-DEF-R6-BK | Fractal Design | PCケース 通販
Fractal Design Define R6 - Black ミドルタワー型PCケース CS7007 FD-CA-DEF-R6-BKがPCケースストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

こちらは大きいCPUクーラーを選んだので選択肢がすくなかったです、結論としてはFractal Design Define R6を選びました、まずは大きなCPUクーラーもGPUも収納できるサイズと、手先が器用ではない私でも弄りやすいサイズ(その分重いですが)後はサイドパネルがガラスの様な透けていないタイプも選べるのが良いですね、私は枕元にもデスクトップが置いてあって寝ながら操作したりもするのですが就寝時タイマーアプリでPCが自動で切れるようにしつつモニタOFFアプリでエンター押さないと画面が再表示されない様にしつつ音を流しながら寝るんですよね、そのせいでピカピカ光るゲーミングPCだとその位置には置けないので中身は見えないタイプでファンがLEDピカピカするタイプのPCはあまり作りません、そんな条件にピッタリのケースになっております、7ではなく6にしたのは6の方が今安いからですね、その内お値段変わらなくなってきたら7でも良いですね。

グラフィックボード

Amazon | ASUS NVIDIA GeForceRTX 3060TI 搭載 デュアルファンモデル 8G DUAL-RTX3060TI-8G | ASUS | グラフィックボード 通販
ASUS NVIDIA GeForceRTX 3060TI 搭載 デュアルファンモデル 8G DUAL-RTX3060TI-8Gがグラフィックボードストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

続きましてはグラフィックボードを選ぶのですが、こちらはASUSさんのDUAL-RTX3060TI-O8Gを選びました、ASUSさんを選んだのは単純に自分がASUSさんのDUALシリーズが好きだからですね。
そして3連ファンはデカすぎる、MINIだと冷却心配という事でこちらの選択になります、OCバージョンの方ですね、DUALシリーズは上記のPCケースでもある通りLEDの様な装飾が少ないのも好きな理由です、今回はAPEXを144Hz表示のQHDディスプレイで快適にという事で3070と迷ったのですが、この条件なら下回る事もあるでしょうが大体平均144Hzは出るだろうという事でこちらを選びました。
最悪最高設定から高設定に下げれば問題無く144Hzは出るだろうという考えもありました。

ストレージ

Western Digital ウエスタンデジタル 内蔵SSD 1TB WD Blue SN550 (読取り最大 2,400MB/秒) NVMe WDS100T2B0C-EC 【国内正規代理店品】 | ウエスタンデジタル(Western Digital) | パソコン・周辺機器 通販
Western Digital ウエスタンデジタル 内蔵SSD 1TB WD Blue SN550 (読取り最大 2,400MB/秒) NVMe WDS100T2B0C-EC 【国内正規代理店品】がパソコン・周辺機器ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(...
Western Digital ウエスタンデジタル 内蔵 HDD 4TB WD Blue PC 3.5インチ 内蔵HDD WD40EZAZ-EC 【国内正規代理店品】 | ウエスタンデジタル(Western Digital) | 内蔵ハードディスク 通販
Western Digital ウエスタンデジタル 内蔵 HDD 4TB WD Blue PC 3.5インチ 内蔵HDD WD40EZAZ-EC 【国内正規代理店品】が内蔵ハードディスクストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

次はストレージですが、こちらはWD BLUE 3D NAND SN550 NVMeWD BLUE WD40EZAZ
どちらもWestern Digitalさんで1TBのSSDと4TBのHDDですね、OS用とゲーム用のSSDを分けるか迷ったのですが今回はまとめてみたので1TBのSSDにしました、HDDは今回のPCに必要か迷ったのですがあれば便利ですし一応付けておきました、6TBの方が容量当たりお得か迷ったのですがおまけで付けるHDDならこの位の容量で十分かと思いこちらにしました、2TBとか1TBでも十分かもとも思いましたが容量とお値段の差を考えてこちらで。

電源

Amazon | FSP 80+ GOLD ATX セミモジュラー 電源 750W [ HGS-750M ] | エフエスピー(FSP) | パソコン・周辺機器 通販
FSP 80+ GOLD ATX セミモジュラー 電源 750W がパソコン・周辺機器ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

次に電源ユニットです、こちらHydro GSM Lite PRO 750W HGS-750Mを選びました。
今まで選んできたパーツから800W前後の電源がいいだろうと考え、定格出力が750W、80PLUS GOLD認証でセミモジュール式の電源となっており日本製の105°コンデンサ使用です。
ちょっとお値段がお安めだったので大丈夫かな?とも思いましたが某所でのレビューの評価等がよかったのでこちらを選んで見ました。

まとめ

OS:Windows10 HOME
CPU:AMD Ryzen 7 5800X
マザーボード:ASRock X570 Steel Legend
CPUクーラー:Noctua NH-D15
メモリ:G.SKILL F4-3200C16D-16GIS (PC4-25600 8GB 2枚組)
PCケース:Fractal Design Define R6
グラフィックボード:ASUS DUAL-RTX3060TI-O8G
ストレージ:WD BLUE 3D NAND SN550 NVMe(SSD1TB) WD BLUE WD40EZAZ(HDD4TB)
電源:Hydro GSM Lite PRO 750W HGS-750M

以上の様な構成になりました、尚、今回は光学ドライブは省きファン等もケースに前面2背面1が標準で搭載されているようなので省きました。
あくまで仮想ですので所々ワンランク高いパーツになってしまってる部分があるように見えます。
実際買うならいくつかはもうちょっと安いパーツに変えてしまいそうです。

PC
スポンサーリンク
シェアする
二尾狐をフォローする
ニビキツネ

コメント

タイトルとURLをコピーしました